休塾延長

緊急事態宣言が延長されましたので、引き続き、休塾いたします。よろしくお願いします。

散歩の時よく通りかかる、作家、谷崎潤一郎の旧居 「倚松庵」(いしょうあん)。

谷崎は、関東大震災の後、大阪移住。船場の大店の娘「松子」をめとった。

松子に私事全般を「依頼」して寄りかかる、という意味を込めて名付けた。

あとテレビで、バス🚌旅を見ました。 太川陽介さんは、同い年の、レコード大賞歌手。

バラエティでも復活。 番組中でもその気遣いと、真面目さには感心しました。

もう一つ「駅ピアノ」。遠い駅や空港✈️の雑踏の中で、見知らぬ外国人が、思いがけず懐かしい曲を演奏するのには、感激だ。


距離をとって、塾の授業をすることを考えています。
だが、オンラインでは、出来ない事が多過ぎる。


解いている時にすぐほめたり、直したり、 やはり、教育は、ピッタリ生徒さんに合わせないと難しいのではないかと思います。


生徒さんたちも、自宅より、塾に行って、はじめてヤル気になるところがある。新しい生活様式になっても、意識改革が、簡単にできるでしょうか?

一部屋一対一で5月7日再開

一部屋一対一で5月7日再開


休塾でご不便をおかけして申し訳ありません。


1、安心安全をめざし、一部屋ごと先生一人に生徒お一人の完全個別指導にいたします。


2、情勢を考慮して当面は休塾し、5月7日から再開します。


3、詳しくはメール・郵便などでお伝えします。 お急ぎの方はお問い合わせ欄からお願いします。

先週、4月8日水曜日、近隣の商業施設で、感染者が発生し、木曜日、金曜日と休塾しました。


また緊急事態宣言などを受けて、当面は休塾にします。 


一部屋ごと、教師一人に生徒さんお一人の完全個別指導で、スペーシャスで、安心安全な学習環境をめざしてまいります。


よろしくお願いします。

昨日は住吉川散歩です。普通の日常が早く戻ればいいですね。

本日休塾

本日休塾     4月9日 木曜日


こんにちは、当塾の近所の エディオン電器御影店で 感染者が出たと発表されました。


当地域ではじめての公式報告になります。


木曜日、金曜日の授業はお休みです。


御影周辺地域の感染者状況をみて、今後の方針を決めたいと思います。


何もかもはじめてのことで混乱しています。


以上よろしくお願いいたします。

長い戦い

長い戦い


3月も第4週目になった。 当塾では引き続き授業を行っています。 


先週の木曜日19日には、 公立高校入試の発表があった。  2月14日の推薦入試での3名合格に続き 一般入試の 受験生5名のうち4名が合格でき、 本当に良かった。 


残念ながら合格できなかった生徒さんも本人が要望したように、チャレンジングな試みであったがよく集中力を切らさず最後までしっかり頑張った。


大学入試での 逆転を目指して、 高校の学習に励んでほしいと思います。 


さて、新型コロナについてつらいことが多いが、一つ良い知らせを見たので紹介しておきたい。 


新型コロナには一度かかった人は免疫ができて、 二度とかからないと言われる。 (二度かかる例外もわずか報告されている)


その免疫ができているかどうか。 検査キットが アメリカの マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された。


マサチューセッツ工科大学の広報誌に3月18日付けで報告された。 

「医師や看護師で 知らず知らずに感染しても無症状ですんでいる人も多い。 


その人々がこの検査で免疫を持っているとわかると、 マスクやガウンなしに患者の治療ができるし、 家庭にコロナを持って帰る心配もない。 


このキットで免疫ができていると確かめられた医師は 医療崩壊の 防波堤になるだろう。 」

以上が朗報である。

しかしながら各国の報道を見ていると、現状 このウイルスは、


1。 今後12ヶ月から18ヶ月かかって、
2。 ワクチンができるかそれとも、国民に集団免疫ができて初めて終息するらしい 。


集団免疫ができるまで日本では一億二千万人の約6割の7000万人が感染し、 その20%に当たる1400万人が、 重症化して病院にかからねばならぬ。


 終息まで18ヶ月とすると、 一か月70万人が病院にかかる事になる。 それでは医療崩壊してしまうので、


3、患者さんを隔離し、 人との距離をとる。 時には外出を控えて、流行を少しでも減らすしかない。 


経済はもつだろうかと心配だ。 すっかり世間は変わってしまったと考えねばなるまい。
2021年まで長い戦いを頑張りたい。

ナスDの大冒険

ナスDの大冒険
さて、休校第二週目である。
先週はたくさんの塾生のみなさんが来てくれて、驚きました、感心しました‼️


親御さんの勉強熱心さにも、改めて確認した。今週も16:30〜 ずっとあけているので、一日でもたくさん勉強しましょう。


また今週は木曜日が公立高校入試で、先週の推薦で決まった3人以外の、5名が受験します。


月曜日 火曜日と残りわずかだが、わたしは、未だにアレもコレもと、ジタバタ詰め込んで、お教えしたい、授業になると思います

日曜日の夜は、「トッタどー」無人島🏝ゼロ円生活の、テレビ朝日人気ディレクター、友寄隆英 = ナスDが制作した2年がかりのドキュメンタリー「天空のヒマラヤ部族」が放送された。

友寄Dは兵庫県出身、「よいこ」の濱口に素潜りさせて、無人島🏝生活をする番組が視聴率が良く、プロデューサーに出世した。

一昨年は、アマゾン川の探検をYouTubeで上映、顔を現地の染料で、ナスビの様に真っ黒になってから更に人気がでた。

さて今年は、シリアスなドキュメンタリー、チベット族の正月生活の番組を制作した。


番組は友寄Dが最初から、顔出し。

徒歩で4000m級の高地集落へ向かう、困難な道のりが、紹介された。

これにはテレビ朝日の元ディレクターで、登山家🥾の 大谷映芳さんが同行。

ニュースステーションの秘境シリーズで、懐かしい感じ。もう七十歳なのに、酸素が平地の50%ほどの高地で平気な様子。


若い同行者が、次々リタイアする中、鍛え方がちがうな、と感じた。

番組では、友寄Dから「不便だが時がゆっくり流れるネパール、便利だが忙し過ぎる日本」はどちらが住みやすいだろうか?


ナスDには不似合いな真面目なコメントもあり、見応えのある良い番組であった。


また番組前半の独占提供をした「花王」は社長さんが登場して、ポリシーコマーシャルをした。

1、詰め替えボトルを基本にする。

2、水を20%減らせる洗剤開発。

3、子どもさんのエシカル教育 ( 道徳教育 ) 「もったいない」とか「きれいな地球」


その通りだが、ボクなど、泡手洗い石鹸でも、「ビオレ」と「キレイキレイ」を、春季や秋季の安売りキャンペーンのたびに、代わり交代に、使っている身には、耳に痛いものであった。